ここから本文です

<京都府警>転売仲介サイト摘発 安室さんチケット不正入手

1/11(木) 20:31配信

毎日新聞

 ◇転売業者の男3人を詐欺容疑で書類送検

 転売目的を隠して人気歌手・安室奈美恵さんのコンサートチケットを不正に入手したとして、京都府警は11日、大手チケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」の運営会社「フンザ」(東京都)の笹森良・元社長(38)=東京都千代田区=と、大阪市内の転売業者の男3人を詐欺容疑で書類送検した。府警によると、高額転売を巡る仲介サイトの摘発は初めて。地検に起訴を求める「厳重処分」の意見を付けた。

 送検容疑は共謀して昨年4月10日、転売目的を隠し、他人の名義で別の販売サイトから安室さんのコンサートチケット2枚(計1万9600円)を購入したとされる。チケットキャンプで計3万4000円で転売したという。4人とも容疑を認めている。

 フンザは会員制交流サイトで知られる「ミクシィ」(東京都)の子会社。府警によると、フンザと転売業者は2015年春~昨年11月末、人気アーティストのチケット転売などで約32億円を売り上げた。チケットキャンプでは出品者が手数料を通常支払うが、フンザはこの業者を「VIP」として優遇し、段階的に無料にしていた。府警はフンザが大口出品者を囲い込み、収益を拡大させようとしたとみている。

 一方、韓国の人気男性デュオ「東方神起」のチケットを不正に購入したとして兵庫県警は11日、福岡県久留米市の自営業、奥田慎也(44)、福岡市博多区のチケットショップ経営、戸次一就(44)両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。容疑は、昨年11月に東京ドームであったコンサートのチケットを転売目的を隠して購入したとされる。共に容疑を認めている。チケットキャンプで転売していたという。

 県警によると2人は2012年10月~17年9月に少なくとも5億5000万円を売り上げていたとみられるという。

 ミクシィは昨年12月、チケットキャンプを今年5月に閉鎖すると発表している。【大東祐紀、藤田愛夏】

最終更新:1/11(木) 22:48
毎日新聞