ここから本文です

東芝、PM0.1レベルの粒子まで除去できる「プラズマ空清」搭載ルームエアコン

1/11(木) 15:48配信

Impress Watch

 東芝ライフスタイルは、PM0.1レベルの微細な粒子まで除去できる空気清浄機能を備えた、ルームエアコン「大清快 DRシリーズ」を、2月上旬に発売する。適用畳数6畳「RAS-E225DR」~26畳「RAS-E806DR」の10機種を用意し、価格はオープンプライス。店頭予想価格は21万円~35万円前後(税抜)。

【この記事に関する別の画像を見る】

 空気清浄の単独運転ができ、通年で使えるルームエアコン。「空気の質」にこだわり、快適空間を提案するという。独自の空気清浄機能「プラズマ空清」を備えており、室内機のプラズマ空清ユニットが吸い込んだ汚れ物質を帯電させて熱交換器に吸着させ、花粉やカビ、PM2.5を99%除去するという。

 また、業界で初めて、PM0.1レベルの微細な粒子(0.09~0.11μm)を90分間で90%以上除去することも確認。タバコの煙や細菌、ウイルスなどの微細な粒子まで集じんするため、いつでもキレイな空気を吹き出すという。

 室内機にはエアモニターを搭載しており、空気清浄単独運転時は、空質センサーが汚れを検知すると運転を開始。冷暖房を使わない春や秋のシーズンを含め、一年を通して部屋の空気をキレイに保てるとしている。

 自動掃除機能も備え、ブラシとブレードがエアコン内部のフィルターの両面を自動掃除する。手入れが難しい熱交換器は、特殊樹脂コーティングされた「マジック洗浄熱交換器」により、除湿・冷房時に発生する水で汚れを洗い流す。汚れはそのまま屋外に排出され、手入れ不要としている。送風ファンは抗菌仕様を採用し、内部の清潔性をさらに高めたという。

 このほか、40℃の温風を30秒で吹き出す「秒速ダッシュ暖房」や、扇風機並みの消費電力(45W)で運転できる「節電モード」、生活シーンに合わせて風あて/風よけ気流を選べる「快適気流」などを搭載する。

 室内機の本体サイズは、798×352×293mm(幅×奥行き×高さ)。カラーはグランホワイト。

 このほか、エアモニターを省略した「Rシリーズ」、エアモニターとフィルター自動掃除機能を省略した「Pシリーズ」を、3月中旬に発売する。Rシリーズは、適用畳数6畳「RAS-E225R」~18畳「RAS-E566R」をラインナップし、価格はオープンプライス。店頭予想価格は13万~19万円前後(税抜)。Pシリーズは、6畳「RAS-E225P」~14畳「RAS-E405P」をラインナップ。店頭予想価格は9万~13万円前後(税抜)。

家電 Watch,西村 夢音

最終更新:1/11(木) 15:48
Impress Watch