ここから本文です

GYAO!で「キネマ旬報ベスト・テン」受賞作40本を無料配信

1/11(木) 19:03配信

映画ナタリー

映像配信サービスGYAO!にて、「キネマ旬報ベスト・テン」受賞作の無料配信が開始された。

「キネマ旬報ベスト・テン」は、1924年に当時の編集同人の投票によってベストテンを選定したことを発端とする映画賞。現在は映画評論家、日本映画記者クラブ員らにより受賞作や受賞者が選定されている。「2017年 第91回キネマ旬報ベスト・テン」では、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」が日本映画部門の第1位、「わたしは、ダニエル・ブレイク」が外国映画部門の第1位に輝いた。

現時点で配信が発表されている映画は計40作品。本日1月11日時点では「犬神家の一族」「月はどっちに出ている」「ゆれる」などの日本映画6作、「8 1/2」「2001年宇宙の旅」「アポロンの地獄」「セブン」などの外国映画7作が配信されている。そのほか作品の配信スケジュールはGYAO!の特集ページで確認してほしい。

GYAO! Presents キネマ旬報ベスト・テン特集
特集ページURL:https://gyao.yahoo.co.jp/special/kinejun/

日本映画の配信作品ラインナップ
「犬神家の一族(1976年)」
「月はどっちに出ている」
「午後の遺言状」
「KT」
「誰も知らない」
「父と暮せば」
「チルソクの夏」
「パッチギ!」
「リンダリンダリンダ」
「ゆれる」
「雪に願うこと」
「魂萌(たまも)え!」
「ぐるりのこと。」
「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」
「歩いても 歩いても」
「闇の子供たち」
「ディア・ドクター」
「愛のむきだし」
「ペコロスの母に会いに行く」
「凶悪」
「そこのみにて光輝く」
「ぼくたちの家族」
「百円の恋」

外国映画の配信作品ラインナップ
「8 1/2」
「2001年宇宙の旅」
「アポロンの地獄」
「バベットの晩餐会」
「バグダッド・カフェ(ニュー・ディレクターズ・カット版)」
「ルートヴィヒ 神々の黄昏」
「髪結いの亭主」
「美しき諍い女(いさかいめ)」
「イル・ポスティーノ」
「セブン」
「ノー・マンズ・ランド」
「殺人の追憶」
「母なる証明」
「英国王のスピーチ」
「ニーチェの馬」
「セデック・バレ」
「セッション」

最終更新:1/11(木) 19:03
映画ナタリー