ここから本文です

NTTドコモ、IoTソリューション検証用にプリペイド型の「IoTスターターSIM」を提供

1/11(木) 16:44配信

Impress Watch

 株式会社NTTドコモは、IoTソリューションの導入を検討する企業向けに、検証用SIMカード「docomo IoTスターターSIM」を1月12日より提供開始すると発表した。プリペイド型で、最長180日の導入検証を行えるという。

 IoTスターターSIMは、最長180日まで利用できるデータ通信専用の法人向けSIMカード。プリペイド型のため月々の費用やデータ量に応じた追加費用は発生せず、各種IoTソリューションの検証に利用できるという。

 データ通信は国内のLTE/3Gに対応するが、SMS、音声通話、国際ローミングは非対応。docomo IoT回線管理プラットフォームによる回線管理機能が提供される。

 ラインアップは、利用できるデータ量に応じて150MB、1GBの2種類が用意された。データ量の上限到達後、ないし180日の期間経過後は、通常の月次請求プランを契約することにより、SIMカードを切り替えることなく機器の利用が継続できる。

 価格(税別)は、利用可能データ容量150MBの「PLAN150」が5000円、同1GBの「プラン1000」が6000円。IoTソリューションの検証用のため、受付はNTTドコモの法人営業担当者が対面で行うとしている。

クラウド Watch,石井 一志

最終更新:1/11(木) 16:44
Impress Watch