ここから本文です

J2大分 神戸からDF山口真司が期限付き移籍 前田はレンタル延長

1/11(木) 14:49配信

スポニチアネックス

 J2大分は11日、J1神戸からDF山口真司(21)が期限付き移籍で加入すると発表した。移籍期間は2018年2月1日から2019年1月31日まで。移籍期間中、山口は神戸と対戦するすべての公式戦に出場できない。

 兵庫県出身の山口は神戸U―18から2015年にトップチームへ昇格。16年途中から当時J3だった大分に期限付き移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ1が1試合0得点、J3が7試合0得点。昨季はリーグ戦出場がなかった。

 山口はクラブを通じて「大分トリニータに関わる全ての皆様へ。1年ぶりに帰ってきました山口真司です。今年はJ2優勝、そしてJ1昇格に貢献できるよう自分の持てる力を精一杯発揮したいと思います!よろしくお願いします!」とコメントしている。

 また、クラブは同じく神戸から期限付き移籍しているMF前田凌佑(23)の期限付き移籍期間を2019年1月31日まで延長した。前田も期間中に神戸と対戦するすべての公式戦には出場できない。

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合