ここから本文です

山響部屋、近隣住民にマグロ丼400人分振る舞う「部屋の若い衆の顔を覚えてもらえれば」

1/11(木) 16:19配信

スポーツ報知

 大相撲の山響部屋が11日、東京・江東区の部屋で近隣住民にマグロ丼400人分を振る舞った。奄美大島近海でとれたマグロ2本(25キロと23キロ)を解体専門の職人がさばき、山響親方(元幕内・巌雄)が切り身を実食。「素晴らしくおいしい」と“食レポ”し、マグロ丼にして地元の人々へと手渡された。

 山響部屋は2015年11月に亡くなった北の湖前理事長(元横綱)から部屋を継承した現師匠が、昨年5月に現在の江東区東砂に建物を新築して独立した。角界では年末に餅をついて近所に振る舞うことが年の瀬の風物詩となっているが、年明けに、マグロで地域交流を図るのは珍しい。山響親方は「何もないところから引っ越してきてご近所にご迷惑をおかけしている。それでも地域の方にかわいがっていただければ。景気づけの意味もあります」と説明。

 相撲部屋を経営するためには地元との密着、交流は不可欠で、「社会貢献でもあるんです。同じようなことを各部屋がやっています。うちは引っ越してきたばかり、日頃の感謝も込めてやらないといけない」。暴行事件や立行司のセクハラ問題などネガティブな話題が先行する相撲界だが、ちゃんこの炊き出しや福祉施設などへの慰問など45ある部屋の師匠は地道な活動を行っていると力説した。

 集まった地元住民は約500人。マグロ丼を食べられなかった人には部屋のちゃんこ鍋が振る舞われた。部屋の後援者でもある前橋靖氏は、「部屋の若い衆の顔をご近所の方にも覚えてもらえればと思ってます」ときびきび働く力士たちへの注目もお願いしていた。

最終更新:1/11(木) 20:52
スポーツ報知