ここから本文です

J.トーマスは優勝予想上位勢と 宮里優作は12日午前7時スタート

1/11(木) 10:33配信

ISM

 現地時間11日に開幕する米男子ツアーのソニー・オープン・イン・ハワイ(ハワイ、ワイアラエCC)。大会を前に予選ラウンドのペアリングが発表された。

男子世界ランキング TOP100

 昨年爆発的なスコアで優勝を飾り、今年は連覇を狙うジャスティン・トーマス(米)はケビン・キスナー(米)、ジェイソン・ダフナー(米)と同組に。パワーランキングでもトーマスが3位、キスナーが5位、ダフナーが8位と優勝を期待される3人の組み合わせは初日から注目を集めそうだ。

 またジョーダン・スピース(米)とダニエル・バーガー(米)は同大会2年連続でペアとなった。昨年は初日から3日目までともにプレー。スピースは3位、バーガーは45位という結果となった。もうひとりの同組選手、昨季新人王のザンダー・シャウフェレ(米)とスピースのペアリングは初。

 2009年チャンピオンのザック・ジョンソン(米)に現在フェデックスカップポイントランキング3位のパットン・キジーア(米)、2014、15年と大会連覇を飾ったジミー・ウォーカー(米)が絡む組も注目組のひとつだ。

 さらにマーク・リーシュマン(豪)、キム・シウ(韓)、ウェブ・シンプソン(米)組も見逃せない。リーシュマンは直近6戦で4度、キムは3戦で2度のトップ10入りを果たすなど好調をキープ。また昨年父親を亡くしたシンプソンにとってはこの一戦が約2ヶ月ぶりのツアー復帰戦となる。

 2017年の国内男子ツアー賞金王に輝いた宮里優作は、日本時間12日午前7時(IN)にスタート。オーガスタへの切符を掴んだ宮里の戦いに期待がかかる。小平智は午前8時10分(IN)にティーオフ。マスターズ出場資格の3月末付世界ランク50位以内を目指すため、ハワイでまずは好成績を残したいところだ。

 また、片岡大育(午前3時30分/OUT)、小鯛竜也(午前3時30分/IN)、今平周吾(午前3時50分/IN)と国内男子ツアーを盛り上げた3選手のプレーにも注目だ。

最終更新:1/11(木) 10:36
ISM