ここから本文です

北の参加規模など協議 IOC、南北招き20日に4者会談 平昌五輪

1/11(木) 8:47配信

産経新聞

 【パリ=三井美奈】国際オリンピック委員会(IOC)は10日、2月の平昌五輪への北朝鮮選手団の参加について協議するため、同五輪の大会組織委員会に韓国、北朝鮮の各国内オリンピック委員会を招いた4者会談を今月20日に行うと発表した。

 発表によると、4者会談の会場はローザンヌのIOC本部で、バッハIOC会長が議長を務める。韓国、北朝鮮の高官も参加する。北朝鮮選手団の参加人数、種目のほか、国旗や国歌、ユニホームなどの扱い方が協議される。

 4者会談は、9日の南北閣僚級会談で北朝鮮が平昌五輪への参加を表明したことで実施が決まった。バッハ会長は「韓国、北朝鮮の合意を歓迎する。政治合意を現実のものとするため、IOCが決断すべき時」というコメントを発表した。

 北朝鮮は9日の南北会談で、五輪に代表団や高官級代表団、応援団を派遣する意向を表明。韓国との共同報道文で、平昌五輪の成功に向けた積極的協力を表明した。

最終更新:1/11(木) 8:47
産経新聞