ここから本文です

【京成杯】ジェネラーレウーノ、遊びみせ12秒9

1/11(木) 11:47配信

サンケイスポーツ

 連勝中のジェネラーレウーノは、Wコースで併せ馬。僚馬グヴィアズダ(未勝利)を5~6馬身追走。直線でインに潜り込むや瞬時にかわしたものの、ゴールでは逆に詰め寄られて半馬身先着するのがやっと。タイムは4ハロン51秒4-37秒2-12秒9で、これには矢野英師は苦笑い。

 「半マイルからは予定通り。しかし、気を抜いて遊ぶのは相変わらず。だからチークを装着したわけだが、これだけはレースを重ねていかないと」と、慎重な構えだが、「仕上がりはすごくよく、能力は高い。番手、3番手でも競馬は可能だ」と最後は期待を込めて締めくくった。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ