ここから本文です

上野原名物「せいだのたまじ」がポテトチップスに カルビーが来月発売 山梨

1/11(木) 11:39配信

産経新聞

 カルビーは来月19日、山梨県上野原市の郷土料理「せいだのたまじ」味のポテトチップスを東日本16都県で発売する。同社は10日、後藤斎知事を表敬し、新商品をPRした。

 「せいだのたまじ」は、小粒のジャガイモをみそと砂糖で煮た江戸時代から伝わる郷土食。ポテトチップスで「濃い甘辛味」を再現したという。

 試食した後藤知事は「地域の魅力の再発見につながるのでありがたい。甘辛く、ワインなどお酒にも合う」と満足げだった。

 カルビーは平成28年度から、47都道府県の「地元ならではの味」を取り入れた“ご当地商品”に取り組んでおり、山梨を扱った商品は今回が初めて。商品づくりに県や上野原市も協力。昨年8月に同市内などでテスト販売し、約1カ月で売り切れたという。

 新商品は、県内ではコンビニエンスストア、スーパーなどの店頭で販売される。数量限定で3月下旬に販売終了の予定。オープン価格で1袋120円前後を想定している。

最終更新:1/11(木) 11:39
産経新聞