ここから本文です

週間天気 週末にかけて日本海側の荒天警戒

1/11(木) 5:53配信

ウェザーニュース

今季最強の寒気が流れこむ

 週末13日(土)にかけて、今季最強の寒気に覆われる見込みです。この寒気の影響により、北日本の日本海側や北陸では大雪に加え、雷や突風など激しい現象を伴うことも。雪になれていない西日本の平野部でも積雪の可能性があるため、タイヤチェーンや除雪道具など対策をお忘れなく。
 また、山沿いは大雪で、交通渋滞や通行止めなど交通機関への影響、それに伴って、食料や燃料が届かないなど物流に影響が出る地域も心配されます。

 週末にセンター試験がありますが、最新情報を確認して、時間に余裕を持って会場へ行かれることをおすすめします。

北日本・北陸

 冬将軍が猛威をふるい、日本海側を中心に大雪・吹雪の恐れがあります。視界不良、積雪の急増、吹き溜まりによる道路や鉄道、飛行機など交通機関への影響、山沿いでは雪崩にご注意ください。雪の弱まるタイミングがあるので、こまめに雪かきを行うと良さそうです。
 日曜日になるとだんだんと寒気は抜けて、天気も落ち着いてきます。

西・東日本

 西日本は、九州北部など日本海側を中心に、13日(土)にかけて雪が降りやすくなります。山沿いで大雪、平野部でも積雪の恐れがあり、交通や物流にも大きな影響の出る可能性も。事前の備えと最大限の警戒を。

 太平洋側は晴れる日が多くなりますが、日本海側から雪雲や雨雲が流れ込んでくることもありそうです。14日(日)は日本海側でも、お出かけできそうです。

 沖縄は、週末まで冬将軍が居座ります。上空の寒気の影響で、雲が広がりやすく、日差しの頼りない1週間です。風も冷たく昼間も暖かい上着が欲しい寒さが続きます。

ウェザーニュース