ここから本文です

鏡開きはなぜ11日? 意外に知られていないルールも紹介

1/11(木) 6:57配信

ウェザーニュース

年神様の力をいただくために

 今日は鏡開きの日というところが多いかと思います。今では本物のお餅で作られた鏡餅というのは少なくなったので、鏡開きというもの自体知らない方も増えているかもしれませんね。

 鏡開きとは、お正月の間飾っておいた鏡餅を下げて、お雑煮やおしるこにして食べる行事です。鏡餅には年神様の魂が宿っているので、食べてその力を授かり、1年の無病息災を願います。

 鏡餅を食べるのは松の内(年神様が各家々にいらっしゃる期間)が過ぎた後。多くの地域では松の内が7日までとなっており、11日に鏡開きを行います。

家光の月命日を避けた結果

 そもそもなんで11日…?なんて疑問が湧いてきますが、昔は全国的に松の内は15日までで、鏡開きは20日に行われていました。しかし、徳川幕府3代将軍の家光が4月20日に亡くなったことを受け、月命日である20日は避けるようになりました。

 代わりに11日に鏡開きを行うことなり、それに伴って松の内の期間も今のように7日までに変更になったのです。

刃物はNG!

 そんな鏡開きには一つルールがあります。それは、刃物を使って切り分けてはいけいないということ。
 最初にも説明した通り、鏡餅には神様の魂が宿っています。そのため、刃物を使うことは縁起が悪いとされているのです。

 乾燥したお餅は硬くてなかなか大変ですが、手や木槌で開くのが昔から良いと言われています。

 鏡餅は開いて食べるからこそ意味があるもの。ぜひ家族みんなで食べて今年1年の無病息災を願ってみてはいかがでしょうか。

ウェザーニュース