ここから本文です

選挙のプロが選ぶ2017年選挙3選|現地取材が得意な選挙ウォッチャー編

1/11(木) 7:01配信

選挙ドットコム

【那覇市議会議員選挙】2017年7月9日

 辺野古新基地建設を容認する立場の自民党系の勢力と、自民党を離脱し翁長知事・城間市長を支える立場の「新風会」を中心とした「オール沖縄」保守勢力、下地幹郎衆院議員が影響力を持つ日本維新の会といった保守勢力と、社民党、共産党、沖縄社会大衆などの革新系勢力、城間市政に中立の立場をとる公明に市民活動にバックボーンを持つ無所属の会、さらには「給食にステーキを」「琉球独立」「発明でCO2削減」「オバー力(りょく)の復活を」など独特な政策を訴えるインディーズ候補が多数立候補し、定数40に対して67人が立候補する激戦となりました。

結果、市長を支持する与党系議員が過半数割れとなり、「オール沖縄」保守系のベテラン議員が軒並み落選する一方で自民党が議席を取戻し、中立の無所属候補も多数当選する結果に。私も会期中2回現地入りして各陣営の様子をウォッチングしました。

選挙ドットコム編集部

2/2ページ

最終更新:1/11(木) 7:01
選挙ドットコム