ここから本文です

「特命係長只野仁」や「サラリーマン金太郎」などドラマの照明を手掛けた(株)サンライズアートが破産

1/11(木) 11:25配信

東京商工リサーチ

 (株)サンライズアート(TSR企業コード:292562152、法人番号:2010401011782、港区赤坂6-15-1、設立昭和49年10月15日、資本金1000万円、高山喜博社長)は12月27日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には秋定和宏弁護士(葭葉・秋定法律事務所、港区西麻布3-21-20、電話03-3478-0877)が選任された。
 負債は現在調査中。
 テレビ番組や映画などの照明を主体に事業を展開。設立当初より、連続ドラマなどの照明に実績を重ね、平成1年5月期の売上高は約5億3700万円をあげていた。テレビドラマ「特命係長只野仁」や「サラリーマン金太郎」、「メイちゃんの執事」、「都市伝説の女」、「三匹のおっさん」、「フラジャイル」などの照明に関わってきたが、その後は受注は落ち込み、29年5月期の売上高は約9800万円にとどまっていた。その後も業況は改善せず、事業継続が困難となり、今回の措置となった。

東京商工リサーチ