ここから本文です

日本鉄リサイクル工業会、賀詞交歓会に420人出席 人口・需要減への対応を

1/11(木) 10:16配信

日刊産業新聞

 日本鉄リサイクル工業会は10日、東京都中央区の鉄鋼会館で新年賀詞交歓会を開催し、会員など約420人が出席した。

 鈴木徹会長(鈴徳取締役)は「昨年の鉄スクラップ業界は年初に予想し得なかった相場になり、雑品はルール作りが進む中、中国の輸入規制で秋口から状況が大きく変化した。本年は予測がさらに難しいものの、激動であることに変わりはない。足元の相場は下がりそうな要素がなく、海外輸出市況が上昇しており、悪くないスタートが切れると思う。その一方で、関東中心にオリンピック需要が確実に動いており、現場が多い。ただ、中・長期的な人口減少、需要減少への対応もこの良い時期に進めていかなければならない」と述べた。

最終更新:1/11(木) 10:16
日刊産業新聞