ここから本文です

今年も「温羅」からランドセル届く 岡山・総社市教委に10個

1/11(木) 22:44配信

山陽新聞デジタル

 桃太郎伝説の鬼神「温羅(うら)」を名乗る人物から、今年も善意の贈り物が岡山県総社市教委に届いた。今春、小学1年生になる子どもに手渡してほしい―とした、新品のランドセル10個。市教委が市内の幼稚園や保育園を通じて、新1年生の希望者にプレゼントする。

 市教委によると、倉敷市の大型商業施設の売り場を通じて、9日に男児用5個、女児用5個が届いた。それぞれのランドセルに、子ども宛ての「入学おめでとう 感謝の心を忘れない優しい大人になってください」との手書きのメッセージが添えられている。

 温羅からのプレゼントは2014年から続き5年目。市教委は「毎年贈っていただき、本当にありがたい」と感謝している。

 岡山県内では「桃太郎」を自称する人物からも、正月用のプレゼントが毎年、全12カ所の児童養護施設に寄せられている。