ここから本文です

【映像】首にタイヤがはまったワニ インドネシア中部で目撃

1/11(木) 14:51配信

アフロ

 インドネシア中部スラウェシ島で廃タイヤが首をはまったワニが目撃された。
 近絶滅種に指定されているシャムワニとみられるこのワニは2016年、スラウェシ島中部のパルで目撃されたが、その後姿が見えなかった。
 2年前に比べると体長も4メートル近くに成長しており、スクーターのものとみられる廃タイヤが首にはまったまま成長すれば、死ぬ可能性もあることから、野生動物保護局はニワトリなどをエサに何度か陸に誘き寄せようとしたが失敗。なにか有効な捕獲方法はないかと頭をひねっているという。

(インドネシア、パル、1月11日、映像:Caters News/AFLO)

最終更新:1/11(木) 14:51
アフロ