ここから本文です

グレタ・ガーウィグ、「ウディ・アレンとは二度と仕事をしない」

1/11(木) 21:50配信

ELLEgirl

今年のゴールデングローブ賞の授賞式で初監督作品『レディ・バード』が、ミュージカル・コメディ部門の作品賞に輝いたグレタ・ガーウィグ。「ニューヨーク・タイムズ」紙にウディ・アレンやロマン・ポランスキーといった性的暴行疑惑のある映画監督たちについて聞かれたグレタは「ウディ・アレンに関していうと、あくまでも私個人の意見だけど、もしあの時事実を知っていたら、彼の映画には出演していなかったと思う」と打ち明けた。

【写真】2018年はブラック一色!第75回ゴールデングローブ賞の授賞式でベストドレッサーを探せ

2014年に養女ディラン・ファローが「7歳の頃にウディから性的虐待を受けた」と告発し、グレタはウディと二度と仕事をしないと決意したという。「ディラン・ファローの公開書簡を読み、その事実に胸が張り裂けそうになった。ウディの映画『ローマでアモーレ』に出演したことで、またひとりの女性を傷つけてしまったと後悔したわ」「私は彼(ウディ)の映画を観て育ったし、それらの映画からたくさんのことを学んだ。その事実は変えられないけれど、これから意識を変えていくことはできる」

今年のゴールデングローブ賞では、多くのセレブたちが黒の衣装を着用し、セクハラの撲滅を訴える「Time’s Up」へのサポートを表明。2018年1月から始動した「Time’s Up」はすでに募金目標額の1500万ドル(約17億円)を達成し、基金は職場でセクハラ被害に遭った女性や男性たちの支援に使われると報じられている。

授賞式に出席したジャスティン・ティンバーレイクも黒のタキシード姿で登場。胸には「Time’s Up」のピンバッジが光っていたけれど、ウディの最新作『Wonder Wheel(原題)』に出演が決定していることから、「偽善者」や「ウディの映画に出演するなら、そのピンバッジは外して」とバッシングされた。思わぬところで批判を受けてしまったジャスティンが、このピンチをどう切り抜けるのか注目。
(Translation: Reiko Kuwabara)

最終更新:1/11(木) 21:50
ELLEgirl