ここから本文です

今年「福袋」買いました? いらないものが入っていたならすぐ「メルカリ」で売ってしまおう

1/11(木) 12:07配信

マネーの達人

お正月に買った福袋。

期待して開けてみたら、気に入らないものや自分には使えそうにないものが入っていたという経験はありませんか?

せっかく買ったからしばらくとっておこうと思う方もいるかもしれませんが、新品のうちにメルカリで売ってしまいませんか?

意外と高値で売れるかもしれません。

福袋にいらないものが入っていたら…チャンスです!

百貨店や人気アパレルブランドで購入した福袋は、お値段の割にいいものがたくさん入っていますよね。

しかし、好みじゃないものやサイズのあわない服、すでに似たようなものを持っているなど、いらないものを手に入れてしまうケースも少なくありません。

今は、フリマアプリで不用品がサクサク売れる時代。タンスの肥やしになる前に売ってしまいましょう。

中古品よりも買い手がつきやすく、新品は定価の6~8割ほどで売れますよ。

少しでも高く売るコツ

福袋に入っていたいらないものを、少しでも高く売るためのコツをご紹介します。

■タグはそのままつけておく

タグがついている服や小物は、タグをつけたまま出品しましょう。

タグつきのアイテムは、本当に新品だというアピール材料になるので買い手がつきやすく、プレゼント用に購入したい人にも人気があります。

■福袋に入っていたことをアピール

買い手の中には、なぜ新品なのに手放すのかという理由が気になる方もいます。

「訳アリ商品ではないか?」と思われないために、説明欄には「福袋に入っていたけど似たようなものをもっている」、「サイズがあわない」など手放す理由を書いておきましょう。

そうすれば、買い手も安心して購入できます。

■いらないと判断したらすぐ売る

フリマアプリではシーズンオフの服は売れにくいので、福袋に夏服が入っていたら、初夏に出品したほうがよく売れます。

しかし筆者は、いらないと判断したらすぐ売ることをおすすめします。

メルカリ内では、福袋を買えなかった人が「(ブランド名) 福袋」というワードでよく検索しています。

シーズンオフの服でも、福袋を買いそびれたブランドファンならほしいはずです。検索にかかるよう、説明欄には「福袋」というワードを入力しておきましょう。

また、しばらく自宅保管しておくとシワがついたり、場合によっては臭いや汚れがついてしまう恐れがあるため、保管に気をつけなくてはいけません。

シーズンオフの服でも出品し、売れ残ってしまったらシーズンが到来したときに再出品しましょう。

1/2ページ

最終更新:1/11(木) 12:07
マネーの達人