ここから本文です

【速報】香川の鳥インフルは「陽性」殺処分へ 今季全国で初

1/11(木) 22:48配信

KSB瀬戸内海放送

 家畜としては今シーズン全国で初めての感染です。香川県さぬき市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの感染が疑われていましたが、香川県が11日に行った遺伝子検査の結果「陽性」反応が出ました。

 10日午前、さぬき市の養鶏場から「一晩で通常の5倍にあたる55羽が死んだ」と香川県の家畜保健衛生所に連絡がありました。
 10日に行った簡易検査では「陽性」でしたが遺伝子検査の結果がはっきりせず、11日改めて遺伝子検査を行っていました。

 この養鶏場では8棟の鶏舎で約5万1000羽を飼育していますが、死んだニワトリは全て同じ鶏舎で飼われていました。

 香川県では今後、この養鶏場と、系列の養鶏場で飼育されているニワトリ、あわせて約9万1000羽の殺処分を行うとともに、移動禁止制限区域の設定などを行う方針です。

KSB瀬戸内海放送

最終更新:1/11(木) 23:08
KSB瀬戸内海放送