ここから本文です

PSGのルーカス・モウラにマンU移籍の可能性、モウリーニョのプロジェクトにマッチ

1/11(木) 15:39配信

SPORT.es

ルーカス・モウラはマンチェスター・ユナイテッドへの移籍に向かっている。
イギリス紙『Mirror』の報道によると、このブラジル人ウインガーはマンチェスター・ユナイテッドと個人合意に達しているという。

ジェリー・ミナ バルサ移籍が決定、ついにパラメイラスが移籍に承諾

モウラはジョゼ・モウリーニョのプロジェクトに完璧にマッチすると思われる。
イタリアの『Gazzetta dello Sport』とフランスの『Canal +』の報道によると、ユナイテッドは彼の獲得に向けて約2,500万ユーロ(約33憶円)を準備しているという。

現在、モウラはウナイ・エメリの構想においてあまり重要な役割を与えられていない。PSGの指揮官は今シーズン、彼をわずか5試合にしか起用していない。それ故、モウリーニョはモウラに新たなチャンスを提供する事を望んでいる。
モウラはサンパウロに所属していた2012年にもユナイテッドからオファーを受けていたが、その際は移籍金4,300万ユーロ(約57億円)でPSGへ移籍した。

フランスメディア『Le Parisien』はPSGがモウラの移籍金を約4,000万ユーロ(約53億円)に設定しているが、モウラにとって最高の選択肢は今冬の市場でパリを離れる事だと指摘している。もし最終的に両クラブが合意に達する事なく、売却の可能性がなくなった場合は今シーズン終了までのローン移籍という形を取る可能性もある。

ルーカス・モウラは今冬のプレミアリーグ参戦で大きなインパクトを与える事が出来れば、今年の6月に行われるロシアW杯のためにセレソンに招集される可能性も見えてくるだろう。

(文:sport)

SPORT.es

最終更新:1/11(木) 15:39
SPORT.es