ここから本文です

男性をバットで殴り、バッグ奪う…男性重傷 容疑の男2人を再逮捕 付近で男性死亡事件、関与認める/県警

1/11(木) 22:56配信

埼玉新聞

 埼玉県のさいたま市や志木市などで路上強盗が相次ぎ、男性らが死傷した事件で、県警捜査1課と浦和西署などの合同捜査班は11日、強盗致傷の疑いで、さいたま市桜区上大久保、建設作業員の男(22)と同区白鍬、無職の男(22)=いずれも強盗致傷罪で起訴=を再逮捕した。

 2人の再逮捕容疑は昨年12月6日午前1時半ごろ、さいたま市大宮区吉敷町4丁目の歩道上で、通行中の無職男性(72)の頭部を背後からバットで殴り、ハンカチなどが入ったバッグを奪った疑い。男性は4週間の重傷を負った。

 同課によると、2人は車で移動。建設作業員の男が運転し、無職の男が金属バットで殴ったとみられている。2人は容疑を認め、金銭目的だったことを供述しているという。

 さいたま市や新座市では昨年末、同様の事件が連続発生。志木市では強盗被害に遭ったとみられる男性が後に死亡する事件も起きていて、両容疑者はいずれも関与を認めているという。

最終更新:1/11(木) 23:19
埼玉新聞