ここから本文です

原一男監督『ニッポン国VS泉南石綿村』予告編 アスベスト訴訟8年の記録

1/11(木) 18:15配信

CINRA.NET

原一男監督の新作映画『ニッポン国VS泉南石綿村』の予告編が公開された。

同作は、『ゆきゆきて、神軍』『全身小説家』などの作品で知られる原一男監督による約23年ぶりの新作ドキュメンタリー映画。大阪・泉南地域のアスベスト工場の元従業員や近隣住民たちが、アスベストによる健康被害を訴え、国を相手に国家賠償請求訴訟を起こした「泉南・アスベスト国家賠償請求訴訟」の様子を約8年間にわたって追った内容となり、上映時間は215分におよぶ。

【動画と画像を見る(8枚)】

公開された予告編では、「石綿は俺の身体をめちゃめちゃに壊した」とマイクで演説する男性や、「アスベストは恨みますし、言わなかった国に対してもすごく恨みたい」と話す女性、建白書を手に首相官邸に向かう男性の姿などが映し出されており、訴訟に臨んだ人々の8年間の戦いの様子が垣間見える内容になっている。

今回の発表とあわせて同作の公開日が3月10日になることが判明。また作品の舞台となった大阪・泉南のイオンシネマ泉南りんくうで、2月3日から1週間の先行上映を行なうことも発表された。

CINRA.NET

最終更新:1/11(木) 18:15
CINRA.NET