ここから本文です

ファイナルファンタジー30年の歴史を「別れ」から回顧する『別れの物語展』

1/11(木) 18:48配信

CINRA.NET

『FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-』が、1月22日から東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催される。

【もっと画像を見る(19枚)】

同展は、全世界累計1億3500万本以上の出荷、ダウンロード販売を記録するスクウェア・エニックスのRPGシリーズ『ファイナルファンタジー』の誕生30周年の集大成として、30年の歴史を「別れ」をテーマに振り返る体験型回顧展。

会場は全9エリアで構成され、来場者は同展のために開発された音声ARシステムを搭載した専用音声ガイド機を装着して鑑賞。展示物と連動する形でゲーム音楽やキャラクターボイス、来場者の行動や属性に応じてパーソナライズされたナビゲーションが自動的に聞こえる仕組みになっている。

『FINAL FANTASY VII』の特別展示『エアリスの遺した言葉』では、主人公クラウドとヒロイン・エアリスが初めて出会った場所「スラムの教会」を再現。教会の中を歩き回りながら今回のために書き下ろされたエアリスのモノローグを聞くことができる。シナリオは野島一成、エアリスの声は坂本真綾が担当する。また『FINAL FANTASY VII REMAKE』の日本初公開となるイメージボードなども展示。

『FINAL FANTASY XV』の特別展示『幻の結婚式』では、主人公ノクティスと婚約者ルナフレーナに贈る父や親友による祝辞などが聞ける。

会場ではグッズの先行販売が行われるほか、同フロアのカフェ「THE SUN」では、全10種のオリジナルコラボメニューが提供される。

CINRA.NET

最終更新:1/11(木) 18:48
CINRA.NET