ここから本文です

震災から6年10カ月 復興拠点予定地で不明者捜索

1/11(木) 18:04配信

ホウドウキョク

東日本大震災から11日で6年10カ月。
福島・双葉町では、復興拠点の整備予定地で、行方不明者の捜索が行われた。
双葉町の産業拠点の整備は、1月末から始まる。
建設工事を前に、町の職員や警察、消防などが一体となった大規模な捜索が行われた。
捜索が行われた双葉町の中野地区は、町の復興産業拠点として、産業団地やアーカイブセンターの建設が予定されている。
11日は、その工事が始まるのを前に、伊澤史朗町長も参加して、およそ120人態勢で、今も行方がわかっていない、中野地区の3人の手がかりを捜した。
伊澤町長は「不明の方の証拠を、1つでも見つけることができれば。限られた時間だが、精いっぱいやっていく」と述べた。
福島県内では、震災で1,614人が亡くなり、196人が行方不明となっている。

・動画だからわかる「震災から6年10カ月 復興拠点予定地で不明者捜索」

福島テレビ/FNN

最終更新:1/11(木) 18:04
ホウドウキョク