ここから本文です

『anone』第1話、広瀬すず演じるヒロインに「イケメンすぎ!」の声

1/11(木) 10:30配信

クランクイン!

 女優の広瀬すずが主演を務めるドラマ『anone』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第1話が放送され、主演の広瀬すずがトレードマークのボブを10cm以上切りベリーショートで挑んだヒロインの姿に「イケメン!」の声が相次いだ。

【関連】「広瀬すず」フォトギャラリー


 『anone』は、『Mother』や『Woman』、『カルテット』などを手がけた坂元裕二が脚本を務める人間ドラマ。家族を失い社会からも疎外され、生きるすべさえ見失った少女、余命半年を宣告された男、刑期を終え死に場所を探していた女、そして謎多き老女。生きてきた場所や背景もまったく違う男女の人生が“ある事件”をきっかけに交錯する姿を描いていく。

 第1話では、田中裕子演じる亜乃音が自宅1階の印刷工場床下から大量の1万円札を発見するところから物語がスタート。一方、広瀬演じる通称“ハズレ”ことハリカは、清掃のアルバイトをしながら同年代の美空と有沙とネットカフェで寝泊まりしていた。同じ頃、医者から余命半年を宣告されたカレー店・店主の舵(阿部サダヲ)は、閉店後にやってきた不思議な女性・るい子(小林聡美)と意気投合し、二人で死に場所を探す旅に出た。ある日、友人とのドライブ中に札束の入ったバッグが捨てられているのを見たという有沙の記憶を頼りに、ハリカたちはバッグを探すため“柘(つげ)”という街を目指すことに…。

 人気ドラマの脚本を手がけてきた坂元裕二作品だけあって、出演者も実力派揃い。その中でヒロインを務める広瀬は、快活なイメージを封印し、過去の暗い影を背負った孤独な少女を熱演。SNS上では彼女のヘアスタイルに話題が集まり「すずちゃんショート似合う」「この髪型好き!カッコいい!」「イケメン」などのツイートが寄せられていた。また劇中でスケートボードを披露するシーンでは「スケボーってイケメンすぎ!」「めっちゃ練習したんだろうなぁ」などの声が寄せられていた。

 第1話では広瀬演じるヒロインの過去が明らかになったが、札束の謎や、阿部演じる余命半年の男、小林扮する刑務所帰りの女、そして田中演じる老女が持っていた札束など、様々な謎が残されている。放送終了後、余韻に浸る視聴者の間では「なんかゾクゾクするドラマを見た」「すごい世界観」「謎のドラマだけど目が話せない」など、今後の壮大な展開を期待するツイートが寄せられていた。

最終更新:1/11(木) 10:33
クランクイン!