ここから本文です

東京五輪期間の交通量、休日並みの15%削減目標に

1/11(木) 9:55配信

日刊スポーツ

 東京都と20年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は10日、大会中の首都圏の道路交通を平日量の15%削減を目標とすることを確認した。

 企業、市民に車の使用を控えるよう促す「交通需要マネジメント」で交通量を減らし、削減しきれない分は高速道路などの入場制限を図る「交通システムマネジメント」で対応する。交通量の目安として、首都高の平日1日の通行台数は約109万台(17年7月)。15%削減すると休日並みになる。対策をしなければ大会中の首都高の渋滞は現況の2倍近くとなる。昨年11月の所属企業アンケートによると、「対応可能か」との問いに約3分の2が「分からない、変更できない」と回答。課題が浮き彫りとなった。

最終更新:1/11(木) 9:57
日刊スポーツ