ここから本文です

辻本茂雄「キャーと言われる」新喜劇の東京人気実感

1/11(木) 21:31配信

日刊スポーツ

 大阪の吉本新喜劇が1月、2月に東京・新宿のルミネtheよしもとで興行を行う。

 11日の公演後に辻本茂雄座長(53)と水玉れっぷう隊のアキ(48)島田珠代(47)が記者会見した。この日は、旅館を舞台に辻本演じるしげぞうじいさんや、アキ演じる地上げ屋、島田演じるストーカー女がお笑いをくりひろげた。大阪のレギュラーメンバーに、東京のポイズンガールバンド、かたつむりのメンバーも加わった。

【写真】吉本興業、9年ぶりに新喜劇「全国ツアー」開催

 辻本は「最近は東京でもMXで新喜劇がオンエアされているので、反響がある。こんなオヤジが出てきても、キャーと言ってくれるようになった。東京芸人とは少し温度差があるので、台本を直して、いろいろな場面で遊べるようにした」。以前はルミネtheよしもとの新喜劇で座長を務めていたアキは、14年に大阪に帰って、本場の新喜劇に入団。「大阪に帰って、辻本さんと新喜劇をやらせてもらっています。大阪の新喜劇をそのまま東京でやるなんて」と凱旋(がいせん)に笑顔を見せた。

 島田は「東京のお客さんは、頑張っただけ笑ってくれる。大阪のお客さんは『笑わしてみいや』っていうみたいな感じだから、ありがたいですね」。辻本は「今年もいろいろなことに挑戦するけど、まずは東京の人に吉本新喜劇がおもろいことを分かってほしい。生で見てください」とPRした。

 今後は辻本座長で今月13日までと2月7~12日、川畑泰史座長(50)で今月23~29日と2月20~26日に興行を行う。

最終更新:1/11(木) 22:25
日刊スポーツ