ここから本文です

スーパーフォーミュラ:NGKスパークプラグ、2018年鈴鹿2&4の冠スポンサーに決定

1/11(木) 11:05配信

オートスポーツweb

 1月11日、鈴鹿サーキットは全日本スーパーフォーミュラ選手権ならびに全日本ロードレース選手権の最高峰クラスであるJSB1000の開幕戦が行われる鈴鹿2&4レースの大会冠スポンサーにNGKスパークプラグ(日本特殊陶業)が決定したと発表した。

【写真】2017全日本ロードレース鈴鹿 JSB1000スタートシーン

 4月21(土)~22(日)に開催される鈴鹿2&4レースは、国内の二輪、四輪の最高峰レースを1大会中に楽しむことができるイベントとして2009年にスタート。

 以後、開催カテゴリーの変更などはあったが、近年はスーパーフォーミュラと全日本ロードレースを一度に楽しめる催しとして親しまれている。

 そんな鈴鹿2&4レースのタイトルスポンサーに決定したNGKスパークプラグは創業80年を超えるセラミックスメーカー。ガソリンエンジンの点火に用いるスパークプラグや、排気酸素センサにおいて世界トップシェアを誇るグローバル企業だ。

 同社は2016、2017年と2年続けて鈴鹿2&4レースのタイトルスポンサーを務めたが、2018年も引き続き同大会の冠スポンサーを務めることとなった。これにより2018年の大会名は『2018 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース』となっている。

 なお、大会期間中に行われる各種イベントやタイムスケジュール、チケット情報などは後日発表されるという。

[オートスポーツweb ]