ここから本文です

米財務次官:中国の米国債投資巡る懸念を一蹴、「市場は深く頑強」

1/11(木) 1:18配信

Bloomberg

米財務省幹部は中国の米国債購入意欲に関する懸念を一蹴するとともに、中国の経済政策を厳しく批判した。トランプ政権は中国が市場の自由化から遠ざかっているとの見方を示している。

デービッド・マルパス米財務次官(国際問題担当)は10日ブリュッセルで記者団に対し、「われわれが見るところ現在の中国は国有企業に対し、事業活動への共産党や政治機関の関与を強めている。多額の補助金も継続され、資本配分をゆがめている」と発言。中国の当局者が米国債の購入減額や停止を勧告したとの記事については、「米国債市場は世界の中で深く頑強な市場だ。米経済の成長で、今後も深く頑強な市場であり続けるとわれわれは自信を持っている」と述べた。

また「米国は自由で公平、互恵的な通商関係を模索している」とし、中国との問題の一つは欧州や米国の企業が中国に投資するよりも中国企業は容易に欧米に投資できるなど、互恵的でないことが多い点だと指摘した。

今月末にスイスのダボスで開かれる世界経済フォーラム(WEF)年次総会にトランプ大統領が出席することに関しては、自らが進める「米国第一」政策を訴えることになるだろうと語った。

原題:Treasury’s Malpass Says U.S. Bond Market Robust, Warns on China(抜粋)

Nikos Chrysoloras, Viktoria Dendrinou

最終更新:1/11(木) 1:18
Bloomberg