ここから本文です

実家が足立区、小学校・高校は柏市でプレー…MF小泉慶「きっと親もうれしいと思う」

1/11(木) 6:30配信

ゲキサカ

 愛着のある土地に戻ってきた。アルビレックス新潟から柏レイソルに完全移籍してきたMF小泉慶は小学校、高校時代に柏市内のチームでプレー。2018シーズンは「近かったので日立台でレイソルの試合や練習を見ていた」という思い出の場所で迎えることとなった。

「新鮮さはなくて、むしろ帰ってきたつもり」。新体制発表会後の囲み取材で新たなホームタウンの印象を問われた小泉は、そのように答えた。小学校時代に柏ラッセルで本格的にボールを蹴り始め、横浜FMのジュニア、ジュニアユースを経て、高校時代は流通経済大柏高でプレー。実家は東京都足立区にあるため交通の便が良く、「きっと親もうれしいと思う」という身近な地への移籍となった。

 もっとも、単なる地域への愛着だけでやってきたわけではない。客観的に見れば、J2降格を喫した新潟からACLプレーオフ出場権を得ている柏へのステップアップ。「ここで活躍するために戻ってきた。一日でも早くチームに貢献できるようになりたいですし、タイトルを取りたい」と鼻息は荒い。

 柏の印象は「一人一人の技術がしっかりしていて、止める蹴るがうまいチーム」というもの。その中で「どういうサッカーかを理解して、何をしたらプラスになるかを考えていかないと生き残っていけない」と認識し、「本能だけじゃなく、頭を使ってプレーしていく」ことだ必要だと考えているようだ。

 また、さらに楽しみにしていることもある。共に高校時代を過ごしたFWジャーメイン良(流通経済大→仙台)、MF秋山陽介(早稲田大→名古屋)が大学を経てJリーグの舞台に加わる他、MF青木亮太(名古屋)もJ1に昇格。「良い刺激になるので対戦が楽しみ。特別な話はしていないが、対戦したらユニフォーム交換しようと話している」という約束を明かしていた。

 タイトルに貢献するためにも、旧友との再会を果たすためにも、まずは出場機会をつかむことが必要になる。クラブの期待をうかがわせる背番号8を授かったダイナモは「個人的にはゴールやアシストで結果を残していきたい」と目に見える活躍を誓っていた。

最終更新:1/11(木) 6:30
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合