ここから本文です

山形退団のDF荒堀、讃岐加入と第一子誕生を同時発表「今回このリリースを出させていただいたのは…」

1/11(木) 17:27配信

ゲキサカ

 カマタマーレ讃岐は11日、モンテディオ山形と契約満了となっていたDF荒堀謙次(29)が、完全移籍で加入することを発表した。また、5日に第一子が誕生したことも併せて発表している。

 荒堀は讃岐のクラブ公式サイトを通じ、「母子ともに健康で、頑張ってくれた妻と元気に産まれてきてくれた娘にとても感謝しています。今シーズンもプロとしてサッカーができること本当に嬉しく思います。家族も増え、責任感も強くなりました。人生をかけて家族、そしてカマタマーレのためにこの1年精一杯努力していきます。よろしくお願いします」と挨拶した。

 一方、山形に対しても「山形のサポーターの皆様、カマタマーレ讃岐に移籍することになりました。そして、1月5日、第1子となる女の子が産まれました!」と報告。続けて「今回このリリースを出させていただいたのは、出産にあたり山形のサポーターの多くの方から気にかけてもらっていたので、直接このような発表をさせていただくことにしました」と明かし、「まだサッカー選手としてできる喜び、家族の誕生の喜び、特別な体験をしてさらに成長した僕を見せられることができると思います。ともに今シーズンも頑張りましょう」と意気込みを語っている。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF荒堀謙次
(あらぼり・けんじ)
■生年月日
1988年7月31日(29歳)
■身長/体重
168cm/65kg
■出身地
滋賀県
■経歴
野洲中-野洲高-同志社大-横浜FC-栃木-湘南-栃木-湘南-栃木-山形
■出場歴
J1リーグ:2試合
J2リーグ:127試合9得点
カップ戦:4試合
天皇杯:5試合

最終更新:1/11(木) 17:35
ゲキサカ