ここから本文です

豊川市役所、外部SOC活用でサイバー攻撃を常時監視

1/11(木) 12:32配信

ZDNet Japan

 愛知県の豊川市役所は、外部のセキュリティ監視センター(SOC)を活用して24時間のセキュリティ監視体制を構築した。自治体クラウドの導入を契機にサイバー攻撃対策の強化に取り組んでいる。

4つの視点で占う2018年のサイバーセキュリティ動向

 導入したのは、PFUの「標的型サイバー攻撃対策支援サービス」。同社が提供する「脅威検知センサ」をネットワーク内に設置し、同社SOCで脅威の動向を24時間体制で監視する。脅威検知センサをスイッチのミラーポートにつなぐだけでサービスの利用を始められる。既存のネットワーク構成を大きく変更する必要はない。

 脅威を検知した際には、同社の専任技術者が感染端末の特定や脅威情報の分析を実施し、対処の重要度を判断する。早急に対処が必要な場合は、攻撃による影響範囲や具体的な対処方法を提示する。また、侵入直後からの攻撃行動の流れを、「攻撃者行動遷移モデル」と照合することで検知精度を高めている。

最終更新:1/11(木) 12:36
ZDNet Japan