ここから本文です

<西野七瀬>実写版「電影少女」アイ役を自画自賛「我ながら可愛い」

1/12(金) 13:09配信

まんたんウェブ

 アイドルグループ「乃木坂46」の西野七瀬さんが12日、東京都内で行われた連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」(テレビ東京系)の記者会見に登場した。「ウイングマン」「I”s」で知られる桂正和さんの名作マンガが原作で、25年前のマンガの世界から唯一“そのままの姿”で登場する「ビデオガール・アイ」こと天野アイ(原作ではあい)を演じている西野さんは、第3話まで見た感想を「我ながらアイちゃんが可愛いなって」と笑顔で“自画自讃”した。

【写真特集】ショートカットの西野七瀬が可愛い! 衣装を後ろから見ると… 飯豊&花恋のセブンティーンモデル・コンビも!!

 共演の野村周平さんも「原作のあいちゃんを超えている」と印象を明かした。飯豊まりえさんも「とにかくなあちゃん(西野さん)が演じているアイちゃんが可愛い!」と絶賛。さらに野村さんはドラマについて「なあたん(西野さん)の見どころしかない。周りは引き立て役みたいなもの。アイちゃんが可愛く映っていれば、それだけでいい」と言い切った。

 今回の役とは「(自分と)違う部分しかない」と話す西野さんだが、「野村さんとのシーンが多いので、周平君に自然に引っ張ってもらって、助けられた。良かったです」と感謝していた。会見には清水尋也さん、大友花恋さんも登場した。

 「電影少女」は、桂さんが1989~92年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載。恋に悩む高校生の弄内洋太(もてうち・ようた)が不思議なレンタルビデオショップで借りてきたビデオを再生すると、いきなり美少女が画面から飛び出してきて……というストーリー。

 ドラマは西野さんと野村さんのダブル主演で、物語は2018年が舞台。両親の離婚を機に絵本作家のおじの空き家で1人暮らしを始める高校生の弄内翔(野村さん)は、家でテープが入ったままの壊れたビデオデッキを発見、修理して再生すると“ビデオガール”の天野アイ(西野さん)が画面から飛び出してきて……という内容。

 13日からテレビ東京系の土曜深夜ドラマ枠「土曜ドラマ24」(土曜深夜0時20分)で放送され、Amazonプライム・ビデオで毎話放送1週間前から先行配信される。

最終更新:1/12(金) 14:53
まんたんウェブ