ここから本文です

競泳の小関選手、後輩を殴る 炊事当番遅刻に立腹

1/12(金) 2:57配信

朝日新聞デジタル

 競泳の日本代表で昨年の世界選手権男子200メートル平泳ぎ銀メダリストの小関也朱篤(やすひろ)選手(25、ミキハウス)が昨年12月の日本代表合宿中に同じ所属の後輩選手を殴っていたことが11日、関係者への取材でわかった。所属先のミキハウスは小関を3月末までの対外試合出場と代表活動の辞退、減俸処分にしたという。

 関係者によると、小関は昨年12月、スペインであった高地合宿中に後輩選手が練習後の炊事当番に遅れてきたことに腹を立て、あごや腹を1回ずつ殴ったという。後輩選手はあごに違和感があるものの、骨折などはしておらず、2人はすでに和解しているという。

朝日新聞社