ここから本文です

ギリシャラブ、ドレスコーズ・志磨遼平のレーベルからEPを発表 MV公開

1/12(金) 16:13配信

CDジャーナル

 京都在住のロック・バンド“ギリシャラブ”が、ドレスコーズ・志磨遼平監修のレーベル「JESUS RECORDS(イエスレコード)」からEP『(冬の)路上』(JRSP-005 1,600円 + 税)を1月17日(水)にリリース。YouTubeでは収録曲「からだだけの愛」のミュージック・ビデオと、「モデラート・カンタービレ」「からだだけの愛」のメドレー映像が公開されています。

 2009年に毛皮のマリーズのプライベート・レーベルとして設立されたJESUS RECORDSは近年、同バンドのアナログ盤をリリースするのみの活動となっていたものの、EP発売に伴いギリシャラブを所属アーティスト第1号として迎えます。記念ライヴも決定しており、2月18日(日)に行われる東京・新宿 レッドクロス公演にはGateballers、Gi Gi Giraffe、2月25日(日)の京都・西院 ネガポジ公演はカネコアヤノ、折坂悠太が出演。オフィシャル・サイトにてチケット予約を受付けています。

 1月11日に放送されたTOKYO-FM「RADIO DRAGON-NEXT-」では、EP収録曲から「からだだけの愛」を先行オンエア。また、同日放送のFM 802「RADIO INFINITY」でも「ブラスバンド」がオンエアされており、両番組ともスマホ・アプリ「radiko.jp」のタイムフリー放送にて1週間限定で聴くことができます。

最終更新:1/12(金) 16:13
CDジャーナル