ここから本文です

アジアが大会史上初のリード キャプテン・アトワルは「もっと声援を!」

1/12(金) 18:48配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇欧州アジア対抗戦◇ユーラシアカップ 初日(12日)◇グレンマリーGC(マレーシア)◇7004yd(パー72)

【画像】少し大きくなった?

3回目の大会で、アジアが初めて欧州をリードした。初日のフォーボールマッチを3勝2敗1分けとしたアジアは、3.5-2.5と欧州を1ポイントの差をつけた。

最後に決着したマッチ5。その最終ホールで、李昊桐(中国)が引き分けに持ち込むバーディパットを沈めて0.5ポイントを獲得した。合計スコアで3-3ではなく、3.5-2.5とリードしたことを「精神的にとても重要」とアジアのキャプテン、アージュン・アトワル(インド)は力説した。

アトワルは「一番大切なことは、ペアとなった選手たちが気持ち良くプレーすること」というポリシーで、組み合わせを決めた。フォアサム形式で戦う2日目も、アジア側にペアリングの変更はない。一方の欧州は、4組を入れ替えた。

マレーシアはこの時期、一日中、雨がぱらつく雨期の真っ只中。それでも、アトワルは「もっと声援を送ってほしい」と多くのギャラリーの後押しを期待した。

<2日目のペアリング(フォアサム)>
マッチ1:A.ラヒリ、SSP.チャウラシア(VS)T.フリートウッド、H.ステンソン
マッチ2:アン・ビョンフン、K.アフィバーンラト(VS)P.ケーシー、T.ハットン
マッチ3:池田勇太、G.グリーン(VS)R.カブレラベロー、A.レビ
マッチ4:カン・スンフン、P.サクサンシン(VS)T.ピータース、M.フィッツパトリック
マッチ5:谷原秀人、P.コンワットマイ(VS)A.ノレン、P.ダン
マッチ6:N.ファン、李昊桐(VS)B.ヴィースベルガー、R.フィッシャー