ここから本文です

(平昌 対決編:4)モーグル男子 速さの新鋭、ターン王者に挑む

1/12(金) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■堀島 台頭、かみ合えば勝機/キングズベリー 圧倒、開幕5連勝
 ターンの絶対王者か、スピードの新鋭か。
 フリースタイルスキー・モーグル男子は、ワールドカップ(W杯)種目別6連覇中のミカエル・キングズベリー(カナダ)と昨季世界選手権で史上初の男子2冠を達成した堀島行真(中京大)が、互いに初の五輪金メダルをかけて争う。
 25歳のキングズベリーは採点の60%を占めるターンで圧倒的な安定感を誇る。正確なスキー操作で上半身が全くぶれず、ここで高得点をマーク。加えて、ダブルフルツイスト(伸身後方宙返り2回ひねり)、コーク1080(斜め3回転)を組み合わせた世界最高難度のエア(空中技)構成で勝利を重ねてきた。……本文:1,636文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社