ここから本文です

初演からパワーアップして再演!!舞台「けものフレンズ」稽古場レポート!

1/12(金) 11:20配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

2017年6月に上演され、どうぶつビスケッツやPPP(ペパプ)などアニメでCVを担当している女性声優たちがそのままキャラクターを演じたことでも話題をさらった舞台「けものフレンズ」が早くも再演される。

【詳細】他の写真はこちら

“けものはいても のけものはいない 本当の愛は ここにある”

そんなジャパリパークでの物語が目の前で展開される舞台「けものフレンズ」の稽古場に「リスアニ!Web」が潜入。サーバルをはじめアニメでも人気のキャラクターたち、またアニメには登場していないけれど魅力溢れるキャラクターたちが登場するこの舞台。フレンズたちが舞台に向けて一生懸命に頑張る姿をレポートする。

大人数のカンパニー。この日の稽古も全員が揃うことはかなわなかったが、それでもほとんどのメンバーが集結していた。初演を経ているだけに、稽古から堂々たる動きと表情とで、まさに「ジャパリパーク」に来たような気分になる稽古場だ。PPPとサバンナガールズのライブ対決シーンから稽古を開始することが伝えられると、メンバーはみんな自身の定位置へとついて出番を待つ。

物語の舞台は、巨大動物園「ジャパリパーク」。前日のサンドスターで生まれたオカピ(野本ほたる)が、さばんなちほーの草原の真ん中に佇んでいるところからはじまる。オカピは、サーバル(尾崎由香)と出会い、ジャパリパークにいるフレンズたちに紹介したいというサーバルに連れられてみずべちほーにやってきた。ふたりはそこで大勢のフレンズの姿を目撃する。そのフレンズたちは、ロイヤルペンギン(佐々木未来)をはじめとしたペンギンたちのユニットでパークのアイドルであるPPPのライブを観に来ていたのだ。初めて観たPPPのライブパフォーマンスに感動し、アイドルに尊敬の念を抱くオカピ。そこに現れたシロナガスクジラ(伊藤梨花子)の提案で、サーバルとオカピはPPPの公式ライバルとしてサバンナガールズを結成し、来たる記念祭でアイドル対決をすることになる!

アニメとは違う、舞台オリジナルストーリーで進んでいく物語。フレンズみんなで力を合せて天敵であるセルリアンを倒す戦いのシーンは、白熱!戦いを終えたフレンズたちが喜ぶ中、アライグマ(小野早稀)が登場!と思いきや、実は出て来る位置を間違えてしまった模様。「あ~~~~!またやっちゃったぁぁぁぁぁ!!」とアワアワする姿のかわいらしさに、稽古場は和む。緊張感のある稽古ながら、やはり作品の力か、キャラクターの力か。瞬時に和ませることが出来るのも「けものフレンズ」ならではかもしれない。

声で表現するアニメと違い、表情も大切になってくるこの舞台。稽古からそれぞれのキャストの表情が実に豊か。哀しみ、驚き、喜び、楽しさ。そんな感情の波が舞台の上のフレンズたちからダイレクトに伝わって来る。ライバル対決を意識しつつもて、手に手を取って記念祭へ向けて準備をしていくフレンズたちのほっこりストーリーを、笑顔で演じるキャストたち。特に今回は初演から新曲も追加され、パワーアップ!ライブシーン以外の歌の場面も圧巻。サバンナガールズの一挙手一投足からも、PPPのフォーメーションからも、ユニット以外のフレンズたちの歌声からも、目を離すことが出来ない展開だ。

この日、稽古に参加できなかったキャストの動きはほかのメンバーが代役に入って進行。代役に入っていないキャストも、自分が出演していないシーンのダンスをセットの脇などで一緒に踊ってしまうほど、カンパニーの「けものフレンズ」への愛情は深い!さらに稽古中のダンスパフォーマンスにも全力で臨むキャスト達。何度も同じダンスを繰り返すことで、ヘトヘトになっていることは想像に難くないが、彼女たちはみんな、常に全力のまま。ダンスをして、歌を歌い、芝居では豊かな表情を見せる。これが本番の華やかで元気なジャパリパークの舞台へと繋がっていくのだ。

演出家の村上大樹氏を交えて演出の確認をする場面では、「ここはこうしてみたらどうかな」と村上氏がひとこと投げれば、「でもそうするとこんな風になるかもしれないので、こうしてみるのはどうでしょう」とキャストからも次々にアイディアや意見が出てくる。舞台をより良いものにしたいと、カンパニーが一丸となって舞台を作っていることが伝わってきた。みんなで作る「ジャパリパーク」。やっぱりここには、けものはいても、のけものはいない!

2時間に及ぶ場面確認後の休憩では、キャストが集まって、わいわいとおしゃべり。女の子ばかりの現場らしい華やぎが稽古場を包んでいた。そしてその後は通し稽古へ。全身全霊の芝居と歌で、完成へ向けて進んでいく。本番への期待感が膨らむ稽古だった。

こうして作られる舞台「けものフレンズ」は、2018年1月13日より公演が始まる。13日と14日には、イワトビペンギン役として山下まみが出演。さらに、どこかで“マーゲイ”も登場するらしい。また、16日~19日にはPPPやサバンナガールズをはじめとするメンバーによるお見送りや、ジャパリパークでの記念撮影など、終演後イベントの開催も!詳細はHPを確認して、ぜひ劇場でここにしかない「ジャパリパーク」を堪能してもらいたい。

Text By えびさわなち
Photography By 山本哲也

●公演情報
舞台「けものフレンズ」
2018年1月13日(土)~21日(日)
【東京】AiiA 2.5 Theater Tokyo

【スタッフ】
原作:けものフレンズプロジェクト
脚本・演出:村上大樹
主催:ネルケプランニング

【キャスト】
サーバル:尾崎由香
フェネック:本宮佳奈
アライグマ:小野早稀

ロイヤルペンギン:佐々木未来
コウテイペンギン:根本流風
ジェンツーペンギン:田村響華
イワトビペンギン:相羽あいな
フンボルトペンギン:築田行子

オカピ:野本ほたる
マンモス:仁藤萌乃
ヒツジ:西川美咲
ホワイトタイガー/サーベルタイガー:野口真緒
オオフラミンゴ:幸野ゆりあ
タヌキ:加藤里保菜
クロヒョウ:稲村梓
チーター:石井玲歌
シロナガスクジラ:伊藤梨花子

イワトビペンギン:山下まみ(友情出演)

<アンサンブル>
古庄美和
鳥越理沙子
小泉日向
黒崎 純
西島綾香

※未就学児入場不可
※客席開場は開演の30分前

※イワトビペンギン役は公演日によって異なります。予めご了承ください。

チケット発売中
¥6,800(前売・当日共/全席指定/税込)

チケット取扱い(当日引換券)

【当日引換券販売方法】
◆チケットぴあ◆各公演の前日23時59分まで購入いただけます
<Pコード:480-843>
【店頭購入】
・セブン-イレブン店頭 [24時間営業]
・サークルK・サンクス [5:30~深夜2:00]
・チケットぴあ店舗 [店舗により営業時間が異なります]
※お近くのチケットぴあのお店は、 http://pia.jp/shoplist/よりお探しください。
【ネット予約】
受付はこちら 〈PC・携帯共通/要事前登録(無料)〉
※チケット購入後、お近くのセブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗にて当日引換券を発券し、劇場受付にお持ちください。
チケットのご提示がない場合はご入場いただけませんので、ご注意ください。
※電話予約は前売券のみの取り扱いとなり、当日引換券の取り扱いはございません。

◆e+(イープラス)◆各公演の前日18時まで購入いただけます
【ネット予約】
受付はこちら 〈PC・携帯共通/要事前登録(無料)〉
※支払方法:クレジットカードのみ
※申し込み完了画面やメールでご案内する引換番号をメモし、身分証明書とともにご観劇当日に当日券売場へご提示ください。

◆ローソンチケット◆各公演の前日22時まで購入いただけます
<Lコード:34918>
【店頭購入】
ローソン・ミニストップ店内Loppiにて直接購入
【ネット予約】
受付はこちら 〈PC・携帯共通/要事前登録(無料)〉
【電話予約】
0570-000-407(オペレーター対応/10~20時
※予約成立後、お近くのローソン、ミニストップ店頭にて当日引換券を発券し、劇場受付にお持ちください。
チケットのご提示がない場合はご入場いただけませんので、ご注意ください。

※0570から始まるダイヤルはNTTのナビシステムです。
一部の携帯電話・PHS・IP電話・CATV接続電話からはご利用できません。
ご契約業者に接続可能かどうかご確認ください。
※出演者及び公演スケジュールは予告なく変更となる場合がございます。
※キャンセル・変更、公演中止時以外の払い戻しは一切できません。
※営利目的によるチケットの購入、譲渡・転売行為は固くお断りしております。
※お席の場所によりましては舞台の一部で見えづらい箇所がございます。
※未成年者は、必ず保護者の承諾を得てからチケットのご購入とご来場をお願いいたします。
※公演当日、劇場内の模様を撮影し、放送・配信・複製頒布等する場合がございます。
※車椅子をご利用のお客様はチケット購入後、事前にネルケプランニングへご連絡ください。

チケットに関するお問い合わせ
サンライズプロモーション東京:0570-00-3337(全日10:00~18:00)

イベンティファイ

(C)けものフレンズプロジェクトS

関連リンク
舞台「けものフレンズ」公式サイト