ここから本文です

【オーストラリア】〔政治スポットライト〕豪を格下げ?駐豪米大使が1年半空席

1/12(金) 11:30配信

NNA

 駐オーストラリア米国大使が一向に決まらないことから、ティム・フィッシャー元副首相は、米国がオーストラリアを「格下げ」していることの表れだと主張している。駐オーストラリア米国大使はジョン・ベリー前大使が帰任してから16カ月間にわたって空席となっている。news.com.auが報じた。
 2016年9月にベリー前米国大使が帰任して以来、ジェームズ・カルーソ公使が大使代理を務めている。フィッシャー元副首相は9日、フェアファクス・メディアに対し、米国が駐オーストラリア大使の決定を遅らせているのは、両国関係の悪化を反映していると指摘。「外交的な侮辱の一歩手前だ」とし、「われわれは格下げされている。優先度は低い」と述べた。
 これについて野党労働党のプリバーセク副党首は、オーストラリアが米政権にとって重要度が低いとすれば「非常に残念なことだ」と述べた上で、ターンブル政権による他の主要な貿易相手国の扱いについて批判。中国政府との関係悪化に加え、外相がニュージーランド政府を口撃したことを挙げた。
 一方、駐英オーストラリア大使のアレクサンダー・ダウナー元外相が米大統領選でロシアが果たした役割について米連邦捜査局(FBI)の調査に協力したと米紙ニューヨーク・タイムズが報じたことについて、マルコム・ターンブル首相はトランプ米大統領との関係が悪化する懸念はないと述べている。

最終更新:1/12(金) 11:30
NNA