ここから本文です

TDCソフト、RPAソリューション「WinActor」の取り扱いを開始

1/12(金) 14:48配信

BCN

 TDCソフト(谷上俊二社長)は1月11日、RPAソリューション「WinActor」の販売代理店として、同製品の取り扱いを開始したと発表した。

 WinActorは、2010年にNTT研究所で生まれた純国産のRPAソリューション。Excel、ブラウザ、個別の業務システムなど、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリケーションの操作をシナリオとして学習し、PC操作を自動化するソフトウェア型のロボットとなっている。

 TDCソフトでは、培ってきた業務ノウハウを活用し、顧客のバックオフィス業務の効率化・自動化を支援するため、WinActorの販売と導入支援を行っていく方針。

最終更新:1/12(金) 14:48
BCN