ここから本文です

10円玉握り「おなかすいた」 コンビニで5歳女児保護 傷害容疑で実母ら逮捕

1/12(金) 16:30配信

神戸新聞NEXT

 次女(5)の腕を石油ストーブに押し付けるなどして大けがを負わせたとして、兵庫県警伊丹署は12日、傷害の疑いで、無職の母親(26)と、会社員の祖母(47)=いずれも伊丹市=を逮捕した。次女の腹や脚に複数の傷があり、同署は日常的な虐待があったとみて調べている。

【写真】帰省した孫の面倒を誰がみるかで妻とケンカ 通報され包丁手に激怒

 母親の逮捕容疑は1月10日夕方、自宅1階の居間で、次女の左腕を石油ストーブの天板に約5秒ずつ2度押し付けた疑い。祖母は同9日夜、包丁で次女の左頬を複数回たたき、切り傷を負わせた疑いが持たれている。

 同署によると、母親は「次女が失禁したことに腹を立てて頭をたたいた後、ストーブに押し当てた」、祖母は「ご飯の食べ方をしつけたら無視され、包丁でびびらせてやろうと思った」と言い、容疑を認めている。昨年10月ごろから、しつけのため日常的に暴行を加えていたという趣旨の供述をしているという。

 次女は11日午後7時ごろ、自宅近くのコンビニエンスストアに11円を握りしめて1人で入店。素足のまま靴を履いていたことや、足首が紫色になっていたことから不審に思った女性店員が110番した。駆け付けた同署員に次女は「おなかがすいた」と話したという。女性店員は「(次女は)レジ横の揚げ物コーナーをじっと見つめていた。こんな事件が起きるなんて」と驚いていた。

 同署によると、容疑者宅は7人家族で、11日夜は家族で外食に出掛け、次女は家に残されていた。長女(6)、三女(4)に虐待の痕跡は見られないという。

最終更新:1/18(木) 10:15
神戸新聞NEXT