ここから本文です

ベストプレイ、屈腱炎で引退…南井師「長い間頑張ってくれた」

1/12(金) 6:01配信

スポニチアネックス

 13年きさらぎ賞を制したタマモベストプレイ(牡8=南井)は7日の万葉S6着後に左前屈腱炎を発症したため11日、引退が決まった。古馬になってからは14年丹頂S勝ち、京都大賞典2着、17年万葉S勝ち、函館記念2着など芝の中長距離路線で活躍。今後は滋賀県甲賀市の甲賀ファームで乗馬になる。南井師は「今年も期待していただけに残念だけど、2歳秋のデビューから長い間よく頑張ってくれました」とねぎらった。通算40戦5勝。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ