ここから本文です

ピコ太郎の勢いまだまだ続く?挙式&ジュニア妊娠発表・古坂大魔王が感謝

1/12(金) 16:35配信

東スポWeb

「PPAP」が全世界でヒットした歌手・ピコ太郎のプロデューサーで芸人の古坂大魔王(44)とタレントの安枝瞳(29)夫妻が8日に、ハワイ・オアフ島で挙式した。また安枝は第1子を妊娠中であることも分かった。

 昨年8月に入籍した古坂と安枝は、親族のみ12人とハワイの海が見える教会で挙式。2次会は天国の海といわれているサンドバーでバーベキューを行った。これは世界初のことだという。結婚指輪は「A MAN of ULTRA」のウルトラセブンをモチーフにしたデザインだ。安枝は現在妊娠5か月で、6月に出産予定だが、子供の性別はまだ分かっていない。ちなみに、ピコ太郎は“出席”せず「置いていかれたピコ…」と落ち込んでいたという。

 古坂は「挙式はもちろん、家族達を海外に連れて来る事が出来て…ピコ太郎には感謝してます! やばいっす、最高でした! 泣いちゃいました! 良いもんっす、結婚!」。安枝は「小さい頃の夢がかわいいお嫁さんだったので大好きな家族に囲まれて念願のお嫁さんになれて、しかもめちゃくちゃキレイな教会で挙式ができて、今とても幸せです。妊娠は正直不安なことも沢山ありますが、旦那さんや家族のみんなにも助けてもらって、しっかり子育ての準備をこれから頑張りたいと思います!」とコメントした。

 古坂がプロデュースするピコ太郎は一昨年9月に突如として大ブレーク。その年のNHK「紅白歌合戦」にも出場し、歌手別視聴率で2位を記録するなど大活躍した。その反動として、昨年は“消える”という見方が大半だったが、トランプ米大統領の訪日時の晩さん会に呼ばれたり、ニューヨークの国連本部で「PPAP」を披露したり、勢いは衰えるどころか、積極的に海外に進出した。

 これまでのいわゆる“一発屋芸人”とはまったく違う道をたどっていることに、芸能関係者は「やはり日本だけではなく海外で人気になったことが大きい。まだまだ諸外国からオファーは届いており、今年も勢いは持続するでしょう」と話している。

最終更新:1/12(金) 16:35
東スポWeb