ここから本文です

<大相撲初場所>白鵬、初日は阿武咲と対戦

1/12(金) 11:56配信

毎日新聞

 大相撲初場所(14日初日、東京・両国国技館)の取組編成会議が12日、両国国技館内であり、初日と2日目の取組が決まった。昨年11月の九州場所で40回目の幕内優勝を達成した白鵬は、初日に、先場所新小結で勝ち越した小結・阿武咲と対戦。2日目の相手は逸ノ城と決まった。

 4場所連続休場からの復活を目指す稀勢の里は初日が新小結・貴景勝、2日目は先場所11勝した北勝富士。同じく4場所連続で休場していた鶴竜も北勝富士、貴景勝と、上り調子の難敵との対戦が続くことになった。

 大関陣は豪栄道が逸ノ城、阿武咲が相手。高安は嘉風、琴奨菊の順に対戦する。十両以上の初日からの休場者は、元横綱・日馬富士の傷害事件での被害者・貴ノ岩と、膝のけがで先場所を全休した宇良、それに豊響の3人となった。【上鵜瀬浄】

最終更新:1/12(金) 11:56
毎日新聞