ここから本文です

<浜辺美波>実写「賭ケグルイ」で全力“顔芸” 高杉真宙、森川葵と撮影の裏側語る

1/14(日) 9:00配信

まんたんウェブ

 マンガ誌「月刊ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス)で連載中のマンガが原作のドラマ「賭(か)ケグルイ」(MBS・TBSほか)が14日深夜から順次、放送される。テレビアニメ化もされた人気作で、女優の浜辺美波さんが、美しいがどこか不気味な主人公・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)役で主演を務める。原作では、キャラクターが顔をゆがませたり、恍惚(こうこつ)の表情を見せる“顔芸”も話題になっているが、清純派と呼ばれる浜辺さんがどこまで顔芸を見せるのかも注目を集めている。浜辺さん、夢子と最初に対決する早乙女芽亜里役の女優の森川葵さん、夢子のクラスメートで小心者の鈴井涼太役の高杉真宙さんに撮影や顔芸について聞いた。

【写真特集】浜辺美波や森川葵がウワサの“顔芸”披露 衝撃のドラマの先行カット

 ◇思っていた以上に賭ケ狂えました!

 「賭ケグルイ」は、同誌で2014年3月から連載中の河本ほむらさん原作、尚村透さん画のマンガ。勉強や運動ではなく駆け引き、読心術、勝負強さなどギャンブルの強さがすべてを決める私立百花王学園を舞台に、謎多き転校生・蛇喰夢子の登場によって、学園の階級制度に異変が起こる……というストーリー。テレビアニメ第1期が17年7~9月に放送され、第2期の制作も決まっている。

 夢子は、上品さがあるものの、ギャンブルになると狂気を見せることもある特殊なキャラクターだ。浜辺さんは、出演が決まり「原作を読んだことがあったので、自分がこの役をやらせていただけることにびっくりしました。今までにやったことがない役。作品が大好きだったので(夢子のような役を)やっとできる!と思いました。楽しんで撮影できると感じました」と驚きつつ胸を躍らせたという。

 原作やアニメでは、ギャンブル中にキャラクターが独特の表情を見せる顔芸も話題になっている。浜辺さんも「顔芸が見どころの一つ」と考えているといい、「モニターを見ないようにしていました。見ると、落ち込んだり、控えめになるようになるので……。ギャンブルのシーンは、思っていた以上に”賭ケ狂え”ました」と体当たりで演じた。さらに、森川さんが「落ちるくらい目を開きました」、高杉さんが「どれだけ顔を崩せるのかと挑戦してみたかった」と話すように、出演者は全力で顔芸に挑戦したという。

1/2ページ

最終更新:1/14(日) 9:00
まんたんウェブ