ここから本文です

高円寺にシアターカフェ「プロセニアム」 映画上映や演劇に使えるステージ併設も /東京

1/12(金) 17:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 高円寺のパル商店街に「シアターカフェ プロセニアム」(杉並区高円寺南3)がオープンして1カ月がたった。(高円寺経済新聞)

通常はステージ上で映画を上映する

 「非日常を体験できる劇場型カフェ」がコンセプトの同店。「スチームパンク」をイメージしたという店内には、映画上映や演劇などに使えるステージを設置する。

 同店オーナーの市川愛子さんと古都(ふるいち)絢さんは、声優や役者としても活動。ボードゲーム店などで開催する、ゲームと演劇を融合させたイベントなどでも共演してきた。同様のイベント依頼が多くなり、自身の店を持ちイベントを企画したいとの思いから、共同運営の形で同店をオープンしたという。
 
 高円寺に決めた理由について、古都さんは「劇場が多く集まる杉並エリアで場所を探していて、高円寺の物件に出合った」と話す。市川さんは「開業資金はクラウドファンディングなどを活用して集めた。オープン前に宣伝ができた」と話す。

 店舗は2時間以上の貸し切り利用にも対応する。料金は1時間=2,000円~。ステージ部分は防音カーテンを閉じることで個室としても活用できる。通常営業では、名作映画やインディーズ映画、スタッフが出演する映画などを上映するという。

 お薦めメニューは、「ホットケーキ」(750円)、「ドライカレー」(700円)、「水出しコーヒー」(550円)。コーヒーには、手作りの砂糖菓子「琥珀(こはく)糖」を添え、砂糖は試験管に入れて提供する。

 古都さんは「芝居や演劇に関連がある人が集まることができる場所になれば。営業時間は、演劇の打ち上げなどで予約をいただければ、延長することも可能。今後はミニシアターや朗読会などイベントを増やしていけたら」と意欲を見せる。

 営業時間は12時~24時。火曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク