ここから本文です

米大統領、核合意に基づく対イラン制裁停止を継続へ=関係筋

1/12(金) 13:10配信

ロイター

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は、欧米など6カ国とイランによる2015年の核合意に基づいて米国が停止している対イラン制裁について、制裁停止の継続を決める見通し。関係筋が明らかにした。

ただ、トランプ氏は米議会と欧州の同盟国に対し、期限付きで核合意の改善を求める見通し。合意が改善されなければ、改めて核合意の破棄を警告する意向という。

トランプ氏は12日までに制裁を再開するかどうか決断する必要がある。制裁を再開すれば、事実上、核合意の枠組みが破棄されることになる。

ホワイトハウスは大統領の決定を12日に発表する予定。

関係筋によると、トランプ氏は制裁停止の継続を承認した一方、的を絞った新たな対イラン制裁を導入する方針を固めた。

*内容を追加しました

最終更新:1/12(金) 14:03
ロイター