ここから本文です

南北会談を安保理「歓迎」 習氏も支持

1/12(金) 7:55配信

産経新聞

 国連安全保障理事会は10日、核・ミサイル開発を強行し安保理の制裁対象となっている北朝鮮と、韓国が閣僚級会談を実施したことについて討議した。議長国カザフスタンのウマロフ国連大使は終了後、記者団に対し、「会談を歓迎する」と表明した。討議は非常任理事国のスウェーデンとポーランドの要請で行われ、非公開。ウマロフ氏は「こうした初期的な対話により、緊張緩和に向けた朝鮮半島での信頼醸成が進み、非核化への機運が生じる可能性が広がる」と表明した。(ニューヨーク 上塚真由)

                   ◇

 一方、中国の習近平国家主席は11日、韓国の文在寅大統領との電話会談で、同国と北朝鮮の関係改善を歓迎するとともに韓国政府の努力を積極的に支持すると述べた。韓国大統領府が発表した。(ソウル支局)

最終更新:1/12(金) 7:55
産経新聞