ここから本文です

「国民打者」李承ヨプ 韓国プロ野球の広報大使に

1/12(金) 18:55配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国で「国民打者」と呼ばれ、昨年現役を引退した球界の大スター、李承ヨプ(イ・スンヨプ)さんが韓国プロ野球の広報大使に任命された。韓国野球委員会(KBO)が12日伝えた。

 李さんは韓国プロ野球で通算本塁打1位(464本)、得点1位(1355得点)、打点1位(1498打点)などの記録を作るなど、韓国プロ野球の発展に寄与した。

 また球場の内外で見せる誠実でマナーの良い振る舞いのため、野球ファンだけでなく国民から愛されている。

 KBOの鄭雲燦(チョン・ウンチャン)総裁は「韓国プロ野球リーグで大記録を立てた李選手が広報大使を引き受けてくれて感謝する」とし、トップレベルにいても常に謙虚な姿勢で努力を続けてきた李選手が引退後もKBOとリーグの発展のために貢献してくれることを期待すると話した。

 李さんは「引退後の進路について悩んだが、KBOで野球と関わることができる良い機会をくださり感謝するとともに、光栄に思う」とし、「どんな仕事をすることになっても、野球とリーグに役に立つことならば熱心にする」と話した。

 李さんは広報大使として今後、韓国野球の未来を担う子どもたちのための野球クリニックなどを開催し、選手の育成や野球の普及活動を行っていく予定だ。 

 李さんは韓国で15年、日本で8年プレー。韓国の野球史に偉大な足跡を残し、昨年引退した。

最終更新:1/12(金) 20:37
聯合ニュース